【7/12(金)】ビデオ化学シリーズ24-25、トライアル関連

勉強時間

・化学:5H
・トライアル:2H
・調べもの:2H
・ブログ:1H
・英語:0.5H
合計:10.5H
目標達成度(週間):40H/55H
目標達成度(年間):192H/2,000H

内容

有機化学

TC0024_岡野の化学(24)
今回は、主にビデオ23で取り上げた内容の復習です。
アルコールの脱水反応、酸化反応について、中国語版の『March高等有機化学(原著第7版)』を用いて確認してみました。なんと、読めるのではありませんか。いや、読めそうな気がしただけですけどね。

中国では、マクマリーの本が翻訳出版されていないため、マーチの本しか選択肢ありませんでしたが、内容はぐんと難しく感じました。(マーチは院生向け?)
1か月前に化学の勉強を始めた頃は、中国語なのに全く知らいない外国語だったのが、今は、化合物の名前などあまり気にせず読み進めることができる、一つの大きなハードルが下がりました。
しかし、まだは高校の基礎も身についていないため、私にとって高嶺の花です。
時々、こうした確認作業も行いながら、じわじわと化学の世界に入り込んで行きます。

トライアル関連ビデオ視聴

2179_トライアルの新潮流に着目せよ
2593_トライアル応募先選定ノウハウ

最近のトライアルでは、ゼロから調べたり、辞書を引く暇がないためプロレベルに到達しているか試されます。
コンテクストが制限時間内に素早く読めるか問われますが、普段から多言語でターゲット分野の大学教養課程のテキストを読んでおく必要があります。当然といえば当然です。

トライアルを受けることで勉強の方針も見えてくるので、先送りしないで受けます。
応募先は4社ほどピックアップし、求人情報をまとめました。この作業をするだけで、方向性、自分の立ち位置が見えてきました。

化学関連リソース_中国語、韓国語

便利な時代になりましたね。何の不自由なく、KindleやiPadで多言語の書籍が楽しめる時代、情報や知識の海に溺れないようにするための基礎体力の重要性が増してきました。

また良質な情報にアクセスし選定する目利きも鍛えなければなりません。最近よく使う中国語・韓国語関連のリソースもちょくちょく共有したいと思います。

辞書

  • 『化学化工大辞典』化学工業出版社、2003年 (日本の化学便覧と同じ位置づけ)
  • 『英漢・漢英化学化工cihui(英漢部分)第三版』化学工業出版社、2012年
  • 『英日漢化学化工詞典』中国湖南科学技術出版社、1996年

専門書情報

オンライン辞書

化工検索エンジン(中英辞書検索、中韓における有料の電子辞典について日本のLogoVista、日外アソシエーツに匹敵するものはないか調べ中)

判例データベース
  • 北大法意ー中国判例データベース(全文検索の場合、有料会員登録必要)
  • 韓国法院判例データベース (全文検索無料)
業界関連(化学)
学会誌

キーワード抽出

日英は、EKWordsを使いますが、試しにEKWordsに中国語、韓国語を取り込んでみると、抽出結果はキーワードではなく文章のままでした。6月に重要キーワードの出現頻度も表示してくれる中国語のツールがありましたが、現在リンク切れでした。(特許翻訳作業にぴったりなツール、引き続き調べ中)

  • Analyzer (中国語、オンライン文章を単語に分割するツール)
  • KoALA (韓国語、テキストマイニングツール、有料)