【目標・計画】2019年6月~12月

遅ればせながら、特許翻訳者のプロになるためのプランを書いておきます。

直近の目標

11月からトライアル応募(厳密にいうと目標に近づくための手段です。)

計画ToDo

6月~9月:化学の勉強

  • ビデオ視聴(300時間):『岡野の化学』シリーズ213本
  • 勉強のまとめ:ビデオ視聴中、「知子の情報」に登録+ノート取り
  • 横展開( 150~200時間 ):ビデオ視聴後、関連キーワードから派生する知識をリサーチ、特許との関連をサクッと探る、中国語&韓国語で関連内容を再確認所要時間
  • インプット: 3回転 (ビデオ視聴→テキストに当たる→まとめる 3回転)
  • アウトプット:2回転 (インプットから得られた知識からポイントを絞って横展開するプロセス、さらに中国語&韓国語で対応する内容を確認する作業 )

【7/5追記】
6月はビデオを起点にした勉強は確立しておりませんでした。(6月の実績は助走期間2にまとめてあります)

7月下旬:CV作成

(具体的なプランは随時更新予定)

8月下旬:CVアップデート、応募先調査

(具体的なプランは随時更新予定)

9月中旬~10月:対訳、トライアル対策

  • ビデオ視聴:対訳シリーズ、トライアルシリーズ
  • 専門分野を意識しながら、日・中・韓の既存の対訳データから知識の差を埋める
  • 自力対訳に取り組む
  • 秀丸の正規表現&Tradosの使い方、用語集&翻訳メモリーの構築
  • インプット・アウトプットは2回転

11月~12月:トライアル応募

実現可能な勉強時間(理論値?)

  • 週間:平日10時間×5日、週末6時間×2日、合計62時間/週
  • 月間:62時間×4週=248時間

【7/5追記】

平日の昼間7時間は、自分のコントロールが効きます。悩みは夜か明け方の3時間をどう確保するか、ちびっこの体調と夕方の一緒に過ごす時間の濃さによって日々変化しています。

週末の昼間は、5時間いただきたい。 控えめに3時間をお願いしました。平日終電帰りの頑張り屋のお父さんなのですから。なるべく休ませてあげたいですね。

以下の期間中は変則的になります。
7月:家族旅行あり
8月:お盆のお墓参りと我が家のちびっこ怪獣が保育園を休むため、夫と相談しながら時間を捻出します
9月:10日間ちびっこと帰省するため、実家でもできる勉強法を考え直さないと(汗)
2020年1月からの勉強計画は、2019年9月ごろをめどに練る予定です。